Huawei P20 liteとHuawei nova lite 2を比較!

6/15(金)発売の「Huawei P20 lite」が今おすすめです!

Huawei P20 lite開封レビュー

3万円前後でこのレベルのスマホが手には入るのは、すごいです。
こんな端末をこの値段で出されては他のメーカーは辛いですね。
間違いなく、2018年で一番売れたSIMフリースマホになると思います。

「Huawei nova lite 2」と比較

実はずっと「Huawei nova lite 2」が価格が下がらないかウォッチしていたんです。

2万円を切ってきたので、そろそろ底値そうだから、買おうかなと思っていたんです。
「Huawei P20 lite」との価格差が1万と聞いて、検討し始めたんですが、やはり後発の方がいろいろ良くなっていて、価格差を考えると「Huawei P20 lite」がお得と判断して購入しました。

「Huawei nova lite 2」とスペックの比較してみます。

製品名 HUAWEI P20 lite(本機) HUAWEI nova lite 2
発売日 2018年06月15日 2018年02月09日
OS Android 8.0
CPU(プロセッサー) Huawei Kirin659 オクタコア (4×2.36GHz+4×1.7GHz)
内部ストレージ 64GB(au)、32GB 32GB
外部メモリ microSDXC(256GB)
RAM 4GB 3GB
バッテリー容量/急速充電 3000mAh、ファーウェイ・クイックチャージャー 3000mAh、ファーウェイ・スーパーチャージ
セキュリティ(生体認証) 指紋認証(背面に設置)、顔認証
モニター/画面解像度 5.84インチ、2280x1080ドット 5.65インチ、2160x1080ドット
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE 802.11 b/g/n
画素数(背面/アウトカメラ) 1600万画素 F2.2+200万画素 F2.4 1300万画素+200万画素、像面位相差AF、LEDフラッシュ
画素数(正面/インカメラ) 1600万画素 F2.0 FF 800万画素
コネクター USB2.0 Type-C microUSB
71.2mm 72.05mm
高さ 148.6mm 150.1mm
奥行き 7.4mm 7.45mm
重さ 145g 143g

おサイフケータイ、ワンセグ機能は両端末ともありません。

「Huawei P20 lite」を購入したポイントは以下の点です。

P20 liteにしたポイント
  1. ガラス筐体のデザインがカッコいい
  2. ノッチ(切り欠き)デザインを採用することでnova lite 2よりも画面が長い
  3. IEEE 802.11aだけでなくacにも対応しているため、5GHz帯の高速通信も可能
  4. USB Type-Cに対応
  5. 端末を持ち上げるだけで画面のロック解除できる

他にも「Huawei P20 lite」の方がメモリやカメラ性能が向上していたり、通信速度も改善されているようですが、その辺はあまり気にしませんでした。
並べてみないとわからないレベルでしょう。
それよりも普段使うときに気になる点を重視しました。

スマホを実寸で比較することができるサイトyourfones.netで、スマホを実寸サイズで確認できて、スマホ同士で重ね合わせて大きさを比較することができるサイトで便利です。

yourfones.netで外見を「Huawei nova lite 2」と比較してみました。

ノッチ(切り欠き)分画面が大きくなって、「Huawei P20 lite」の方が2g重いですが、外形は微妙に小さくなっています。

「Huawei nova lite 2」との違いのポイントは、

  • RAMとROMの容量
    (P20lite:4GB/64GB、novalite2:3GB/32GB)
  • Wifiの5GHz帯対応
    (P20lite:対応、novalite2:非対応)
  • USBコネクタの違い
    (P20lite:TypeC、novalite2:microUSB)

と、基本スペックが結構異なります。

カメラはP20liteは16MP、novalite2は13MPと画素数が違うけど写りや機能的にはあまり差はありません。

ちなみに、「無印P20」や「P20 pro」だったら段違いの性能が異なります。

「Huawei nova lite 2」と悩む人が多いと思いますが、個人的には「Huawei P20 lite」が買えるならそっちにした方が良いし、「Huawei nova lite 2」が気に入ってるなら、そっちを選んでも後悔はしないはずです。

ガラスボディは割れやすいから嫌だとか、指紋がつくのは困るという理由で「Huawei nova lite 2」を選ぶのもアリなんじゃないかと思います。

通信速度が速い方がいいとか、ROM容量がデカいほうが良いっていうなら「Huawei P20 lite」ってとこでしょうか。

iPhoneXその他の端末と比較

「Huawei P20 lite」はなぜそんなに良いのか。
おそらくiPhoneXを超えるスタイルと取り回しの良さでしょう。

最近の他の端末と簡単に比較してみると、

端末 厚さ 重さ 画面 容量
P20lite 7.4mm 145g 5.84インチ 3,000mAh
iPhoneX 7.7mm 174g 5.8インチ 2,716mAh
Galaxy s8 8.2mm 150g 5.8インチ 3,000mAh
XZ2 11.2mm 198g 5.7インチ 3,060mAh
Zen5 7.7mm 165g 6.2インチ 3,300mAh

「Huawei P20 lite」のこの重さと形とディスプレイの大きさは、おそらくスマホの最終型なんじゃないかと思えるぐらいに絶妙。

また、「Huawei P20 lite」は、高すぎず安すぎないという価格設定。
年々スマホの価格が上がっている中で、この低価格は、Androidユーザーで良かったと思えるぐらいです。

やはり、ユーザはわかってますね。
「Huawei P20 lite」がついにiPhoneを抜いてTOPになってます。

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年6月18日、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 P20 lite ANE-LX2J(Huawei Technologies)
2位 iPhone 8 64GB(NTT docomo) (アップル)
3位 iPhone 8 64GB(au)(アップル)
4位 iPhone 8 64GB(SoftBank) (アップル)
5位 P10 lite WAS-L22J(Huawei Technologies)
6位 S4(京セラ)
7位 Xperia XZ1 SOV36(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
8位 ZenFone 4 Max ZC520KL(ASUS)
9位 AQUOS sense SHV40(シャープ)
10位 AQUOS sense SH-01K(シャープ)

【実売速報】Huawei P20 lite がiPhone を抜いてTOPに! スマートフォン 売れ筋ランキング

「Huawei P20 lite」はどこで買えばお得?

「Huawei P20 lite」SIMフリースマホなため、キャリア(docomo、au、SoftBank)でなくても購入することができます。
自分はネットで購入しました。

音声SIMとのセット販売なら安く買えるキャンペーンも他にあると思われますし、もう少し待てば、ポイントなどで今後さらに安く手には入るタイミングはあるでしょうが、2万円台後半くらいではないでしょうか。

購入は今はAmazonをおすすめしますし、自分もAmazonで購入しました。

MEMO
Amazonでは、「通常版」と「OCNモバイルONEのSIMパッケージ付き版」がありますが、SIMパッケージ付きの方が安いです。

「OCNモバイルONEのSIMパッケージ」は同梱される格安SIMを使わなければいけないわけではなく、OCNモバイルONEに加入する必要もありません。
今使っている格安SIMを差せば使えます。

販売促進のためにSIMパッケージの方を安くしていると思われます。

楽天のスーパーセールやYahoo!のキャンペーンであれば、ポイントを考えればお得な場合もありますが、Amazonはポイント還元ではない現金価格が安いのと注文してからすぐに商品が届くというメリットがあります。

さらに次に紹介するキャンペーンを利用すれば、さらにお得に買えます。
自分もこのキャンペーンを利用しました。

Amazonチャージ初回購入で1000ポイントキャンペーン

Amazonギフト券チャージタイプをコンビニ・ATM・ネットバンキングで支払うと、初回購入で1,000ポイントもらえて、さらにチャージするたびにAmazonポイント最大2.5%付与されるキャンペーンが開催されています。
還元率は以下の通り。

Amazonキャンペーン

MEMO
スマホは3万円ですが、もらえるポイントはチャージは料金にかかわらず1,000円なので、最低の5,000円で良いと思います。

もらえるAmazonポイントは、[1ポイント=1円]で使えます。
5,000円以上のAmazonギフト券の購入であれば、必ずポイント還元されるので、購入予定があるならこのキャンペーンを利用しない手は無いです。

「Huawei P20 lite」を購入するのに本キャンペーンを利用するのが良いのではないかと思います。
実質1,000円OFFになりますね。

このキャンペーンには注意点があります。

キャンペーンの注意点
  1. コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージしてください。クレジットカードではキャンペーンが適用されません。
  2. ポイントは翌月の中旬頃にポイントが付与されます。
  3. チャージしたギフト件で商品を購入しなくても、チャージのみでポイントはもらえます。

とにかく間違いやすいのは、

クレジットカードでチャージしてはポイントが付与されません。

気を付けてくださいね。

最後に

「Huawei P20 lite」は、2018年のフリースマホのトップになるでしょう。
それぐらい良い端末です。

Huawei P20 lite開封レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA